大阪 兵庫でクリーニング・コインランドリー店といえば
フタバクリーニング

付加価値サービス

・フタバクリーニングが提唱する2次加工とはどんなものか?
~フタバクリーニングの考える2次加工のコンセプト~

 弊社では通常のクリーニングとは別に付加価値サービス(2次加工)をおこなっています。 これは”お客様のための加工、その商品が喜ぶような加工でなければならない”ということを大前提としており、弊社スタッフにはお客様にアドバイスできるような”衣類のコンサルタントにならなければならない”という考え方のもと教育しております。 その商品の汚れの状態・商品の素材・特性・値打ちをしっかり検査し、効果の見えにくい2次加工はお勧めせず、逆にその商品を長持ちさせるためには別途料金をお支払い頂いてもぜひこの2次加工を試してみてくださいとお勧めします。 それではメニュー一覧をご覧下さい。

デラックス

 当社ではデラックス加工にシリコン加工を施しています。 シリコン加工とは販売店で商品が販売されるときには、必ずなされる加工で、ハリ・艶・こしをもたせる効果があります。 その他洗いは別洗いでのソフト洗浄とし、汚れ落としよりも、商品そのものの風合いを大切にしています。 仕上げは熟練の職人による極めて精度の高い仕上げをしております。 高級衣料、ブランド衣料にお勧めです。

バイオ加工

 こちらは別名”汗抜き加工”ともいい、商品の水溶性の汚れをどう落とすかということを主のテーマとしての洗浄工程です。 通常ウールの素材が含まれているものは水洗いをすることができません。しかし夏の暑い時期や、自肌に触れるような商品は必ず人間の皮脂・汗がついてしまうものです。 ドライクリーニングをしますと油汚れは良くとれ、殺菌効果もあり、さらに商品の風合い・型崩れで問題となることはありませんが、その代り水溶性の汚れをとることはできないのです。 そこで商品の風合い・型崩れ・色落ちの問題を起こすことなく水洗いと限りなく近い効果を求めたものがこのバイオ加工というとても優れた洗浄工程です。 ご家庭では漬け置き洗いということをされる思いますが、それをさらに発展させたものとお考えいただければよりイメージできるのではないでしょうか。 しかし通常の夏物スーツなどは問題ありませんが、実際に水に漬けますので商品によってはかなり危険な作業であり全ての商品ができる加工ではありません。

特殊染み抜き

 一般に軽度・少量のシミは無料で作業させていただきますが、シミの量が多数、ついてから時間がたったもの、あるいは特殊な汚れ(血・インク・ワイン・卵・・・など)は別途有料により作業させていただきます。 部分漂白・色素処理・蛋白分解など高度で時間のかかる作業にも挑戦します。

特殊漂白

 特殊漂白というのは弊社の加工ラインナップのなかでも最も新しいものであり、色のくすみが見え始めた商品で淡色系の水洗いできるものにお勧めしています。 酸素系漂白剤を使い、洗浄温度は60度で防縮剤を使い強力な水洗いをします。 商品の色をよく検査し、商品そのものの色彩を損なうことなく漂白洗浄します。 一般家庭では真っ白のものしか漂白できませんが、弊社ではそれを可能にする技術をもっています。

EP(折り目)

 毎日のようにスーツを着られる方や、大切な商談がある場合などはパンツのラインがくっきりしていたいものです。 そういうお客様にはパンツの折り目の加工がお勧めです。 パンツのラインに樹脂で高温処理をして、固めます。 ただし一度クリーニングをするとその加工の効果は消えてしまうということはあらかじめご了解ください。

撥水加工

 あらゆる商品やシミの種類にも言えることですが、シミや汚れは必ずしもシミ抜きでとれるとは限りません。 したがって特に大切に着たい商品には、シミ・水分を弾く加工として撥水加工が効果的です。 しかし商品の素材によっては効果が表れにくいものがあり、お勧め商品としてはウールを含んだスーツ類(一般に綿製品には効果が出にくくなっております)がよいでしょう。 ただしこちらも一度クリーニングをするとその加工の効果は消えてしまうということはあらかじめご了解ください。

リフォーム

 洋服のリフォームの3大看板は、ファスナー取り換え・裾の出し入れ・ウエストの出し入れです。 それに続くものはタタキ(破れや傷をミシンでたたいて修理する)です。 さらにはボタンの付け替え(ボタンがなくても似たもので良ければこちらで用意させていただいています)というところです。 近頃は商品のデザインが多種多様となっているため、商品そのもののデザイン性を損なうような大規模な修理はお断りさせていただいています。